【ライトノベル】こぐまねこ軒 自分を人間だと思っているレッサーパンダの料理店 (全1冊)

 漫画
出版社 マイナビ出版
作者 鳩見すた ゆうこ
判型 文庫版 判型とは›
最終巻発売日 2020年08月20日
カテゴリ ライトノベル
タグ 料理 短編集

作品概要

黙っているとコック(レッサーパンダ)が無限においしい料理を出してくれる

高校三年生の一ノ関は部活の後輩の二宮に呼び出され待ち合わせ場所に向かった。
待ち合わせ場所に現れた二宮は一ノ関に対して怒っているようだが、心当たりのない一ノ関は理由を聞きだすために『西洋料理店 小熊猫軒』へ連れていくことに。
山の道なき道を歩いた先に一軒の料理店が現れ、ふたりを迎えてくれたのは自分を人間だと思いこんでいるレッサーパンダだった。
次から次へとおいしい料理が出てきてお腹も心も満たされた二宮は、心の内を話しだす――。

かわいいレッサーパンダのコタローさんがあたたかい料理で悩みを抱えたお客さんをおもてなし

人と人を料理で繋げる“もふもふ"癒しの連作短編。
●ポイント1% 6pt
748 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

買うほどお得! ポイント最大12%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く