【ライトノベル】ふつつかな悪女ではございますが 〜雛宮蝶鼠とりかえ伝〜 (全2冊)

 漫画
出版社 一迅社
作者 中村颯希 ゆき哉
判型 四六版 判型とは›
最終巻発売日 2021年06月02日
カテゴリ ライトノベル
タグ 入れ替わり

作品概要

『雛宮』――それは次代の妃を育成するため、五つの名家から姫君を集めた宮。
次期皇后と呼び声も高く、蝶々のように美しい虚弱な雛女、玲琳は、それを妬んだ雛女、慧月に精神と身体を入れ替えられてしまう!
突如、周囲から忌み嫌われ、鼠姫と呼ばれるそばかすだらけの慧月の姿になってしまった玲琳。
誰も信じてくれず、今まで優しくしてくれていた人達からは蔑まれ、劣悪な環境におかれるのだが……。
「息切れしない、失神もしない……。なんて健康な体でしょう! う、うらやましい……っ」
誰もが羨む玲琳は、隣り合わせの"死"とずっと戦ってきた鋼メンタルの持ち主だったーー!?
●ポイント1% 24pt
2,640 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー (関連商品を含む)

この作品にはレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

  レビューを書く

表紙画像一覧