ライアーゲーム LIAR GAME (1-19巻 全巻)

 漫画
出版社 集英社
作者 甲斐谷忍
判型 B6版 判型とは›
最終巻発売日 2015年04月17日
カテゴリ 青年漫画
タグ 心理戦 ドラマ化 映画化 お金 推理

作品概要

“バカ正直の直”と言われるほど他人を信じやすい神崎直の元に1億円が届けられた。ライアーゲーム事務局はプレイヤーたちにお金を貸し付け、“騙し合い”を行わせていたのだ。直は天才詐欺師・秋山深一に協力を求め、トーナメントを勝ち上がる。少数決、密輸ゲーム、感染ゲーム等々を秋山と直は頭脳と嘘を駆使し戦い抜く。そして第四回戦本選を“負け”で終えたところから、物語は再開する。最後に生き残るのは、“嘘”か“信頼”か?LGTの目的は?ますます加熱する究極の心理バトル再び開戦!!
合計金額が3,000円以上の場合、全国送料無料で配送します。
全冊分のマンガ本用クリアカバーを無料でプレゼント。「カートに入れる」をクリックした後に選択できます。
●ポイント12% 1,165pt
10,485 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

★★★★★ ■ 1
★★★★☆ ■ 1
★★★☆☆ ■ 2
★★☆☆☆ ■ 0
★☆☆☆☆ ■ 0

平均評価

★★★★☆ 3.75点/レビュー数4
5

やばいっす!!

2011-03-01 By さん

めーーっちゃおもろいしーー$$

4

スリリング!

2011-01-05 By さん

絵はあっさりしてますが
内容は結構スリリングです。
緊張感のある心理的な戦いが続くデスノートと比べて
読みやすい印象です。

3

騙し合い

2018-12-18 By さん

いろんなゲームがあり設定とか騙し合いがとても面白い。

3

椅子取りゲーム後は驚愕はしない

2017-02-27 By さん

ドラマなどで大ヒットしたLIAR GAMEの原作です。椅子取りゲーム以降のゲームはドラマ・映画には無いゲームだったので非常にわくわくして讀みました。結果としては、イマイチ。秋山が何をやっていたか聞いても、「ん~」と思っちゃうし、この後の展開が読めることもあった。最終戦もなんか面白く無いし。最終戦の結果やライアーゲームの招待もなげやり的に感じた。ドラマと違い、フクナガが女だととか葛城がいないとかそこら辺はドラマと違って面白かった。

表紙画像一覧