百鬼夜行抄 [新装版] (1-26巻 最新刊)

 漫画
出版社 朝日新聞出版
作者 今市子
版型 A5版 版型とは›
最終巻発売日 2017年08月19日
カテゴリ 女性漫画
タグ 妖怪

作品概要

不可思議な力を持っていた幻想作家・飯嶋蝸牛。その孫である飯嶋律と従姉の飯嶋司、広瀬晶は祖父からの遺伝で魑魅魍魎と触れ合う能力を持つ。
そして有る出来事から命を落とした律の父・孝弘の体を借りた妖魔青嵐、庭の桜の木に住む酒好きな使い魔尾黒・尾白と生活していく中で、常人の目に映らぬ世界に住む妖怪や妖魔らと関わる様子を幻想的なタッチで描いている。
一般的な妖怪物・霊能物のセオリーとも言うべき勧善懲悪的な退治や除霊というよりも、普通の生活には存在しない幻想的な世界や物語を描く事をメインに置いた作品である
合計金額が3,000円以上の場合、全国送料無料で配送します。
全冊分のマンガ本用クリアカバーを無料でプレゼント。「カートに入れる」をクリックした後に選択できます。
ポイント12% 2,372pt
21,349 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

2
0
0
0
0

平均評価

5.00点/レビュー数2

どこか懐かしい

2014-03-19 By さん

ゆっくりと、じっくりと読みたい文学小説のような漫画です。
何度読み返してもゾクッと怖い。それだけではなく、心地よいユーモアにくすっと笑ってしまうことも。
人の思いの深さに涙したり、ほの暗い気配に恐怖する‥でもどことなく懐かしい、何となく不安な感覚。
それが味わえる上質な漫画だと思います。

人間と妖怪の悲喜交々

2013-12-26 By さん

出てくる登場人物が主人公を含めてみんなクセのある人や妖怪でそれらが絡むことで物語が広がっていきます。
さらっと流しで読んだだけでは、気づかないこともあるけれどじっくり読んで理解するとすとんとわかる不思議な作品です。

表紙画像一覧