父・横山やすし伝説

父・横山やすし伝説

● ポイント 113pt

商品詳細ページ/サイドバナー  紙(ギフトラッピング)
商品詳細ページ/サイドバナー
1,518 税込

今買うと明日出荷、最短明後日お届け


出版社 宝島社

版型 B6判 版型とは

最新刊発売日 2018年02月24日

カテゴリ 一般書籍

作品概要

横山やすしがラジオ「漫才教室」に初出演したのが、1958年1月。ちょうど60年がたちました。
このタイミングで、父についてまったく語ってこなかった息子の木村一八が、父について初めて本を書きます。彼が知っている父・横山やすしは、人々が知っている横山やすしとはまったくの別人。
家で子どもに手を上げたことはたった一度だけ。家では非常にやさしい男だったのです。さらに、一八だけが知っているエピソードも満載。一八が聞いたやすしの最後の言葉は「愛人の面倒をよろしく」だった。
さらに愛人と本妻との直接対決の場面でとった横山やすしの驚くべき行動とは。誰も知らないその矛盾に満ちた横山やすしの生涯が初めて明らかになります。

● ポイント 113pt

商品詳細ページ/サイドバナー  紙(ギフトラッピング)
商品詳細ページ/サイドバナー
1,518 税込
出荷〜お届け目安日の日本地図 首都圏近郊なら最短翌日お届け
気になる商品を登録

ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー(関連商品を含む)

この作品にはまだレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

1,518 税込