りんごの木を植えて

りんごの木を植えて

● ポイント 115pt

商品詳細ページ/サイドバナー
1,650 税込

作品概要

おじいちゃんと過ごした日々──それは、とっておきの時間。
みずほは小学五年生。二世帯住宅で暮らす大好きな祖父にがんの再発がわかった。
しかし、祖父は「積極的な治療」はおこなわないという。なぜ? みずほはどうしても受け入れられない。
「『たとえ明日、世界が滅亡しようとも、今日わたしはりんごの木を植える』ということばを知ってるか?」祖父がみずほに語る。
マルティン・ルターのことばだ。「明日世界がなくなるとわかってるのに、そんなむだなこと、なんでするの?」とみずほ。どうしても理解できない。
がんを身体にかかえながらも、大好きな絵を描き、庭仕事をして毎日をのびやかに暮らす祖父。
そして祖父や家族と語り合う時間のなかで、みずほは「おじいちゃんの生き方」を見つめ……。
「人間が生きること」そして「死ぬということ」を考える珠玉の物語。

● ポイント 115pt

商品詳細ページ/サイドバナー
1,650 税込

気になる商品を登録

ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー(関連商品を含む)

この作品にはまだレビューがありません。 今後読まれる方のために感想を共有してもらえませんか?

1,650 税込