この物語の始まりは「わたし」という存在が
球(=「それ」)を地上に投げ入れたことから始まる

物にも動物にも変化できる「それ」

「それ」が出会った最初の人は少年だった

少年から刺激を与えられた「それ」は…

少年と過ごした時間は長いのか短いのか
そこには触れていないが
とても濃い時間に感じられた1話だった

ここから物語はまたひとつの村と人物に向く

早く大人になりたい少女と仲良しの女の運命は
この選出によって大きく変わろうとしていた

森での出会いによりさらに大きく変わる!

生か死か問われる少女の側で「それ」はまた変化するのであろうか!!!

この漫画は、感情が鈍化している人の心に“刺激”を与える。
“痛覚”としてあらゆる感情を呼び覚ますであろう。

読めば読むほど深くのめり込んでいくこの漫画ぜひ一読してほしい!

続きはこちらをどうぞ!

過去の全力推し宣言!がいまだけ!
無料&全巻セット最大20%オフ

Back Number