あの伝説から30年後…

再び、明青学園の時代が!!

明星学園から徒歩1分のところに住んでいます

立花走一郎(そういちろう)
立花投馬(そうま)
立花音美(おとみ)

兄と弟は同い年、妹は一学年下
両親は

ご近所さんで知らない者はいない再婚同士の明るい家庭である

はじまりは明青学園中等部 野球部

明青学園の中等部野球部は少し特殊で
優れた投手は…

他のポジションに回される
ゆえに

走一郎は、キャッチャーとしてレギュラー
一方、投馬は

もう一人の立花 投馬のポジションは

えっ!?どこでしたっけ?

走一郎と投馬は兄弟バッテリーなのである
学校では、優遇されているエースが
不在の時だけ練習をしている

幼いころはピッチャーの座を競っていた過去も

投馬と音美

いまや、明るく可愛くなり世間でも評判の女の子

「さぁ……よく覚えてないな」

音美と走一郎が投馬へ託すもの

「後悔はさせねぇよ。」

高校は明青学園以外だって

もしかしたら、明青学園ではエースとして
投げなれないかもしれないと考え始めた矢先

対戦した西村が二人を
春の選抜代表・勢南高校の野球部へ

ここにも、親バカがいた…

似ている

勢南高校の監督
そう「タッチ」に登場した西村本人である

この親子、どこまでも親子らしく
似ている

血は争えない

では投馬は、誰に似ている?

キャラは続々登場!

大山 吾郎

明青学園高等部の監督。立花家の父親二人と知り合いである

大山 春夏

走一郎が気になる女の子。九州から大山監督と共に引っ越してきた

投馬に対し、謎の行動をとる

南郷 四郎(通称 ナンちゃん)

大山監督が恩人だといい春香に手を出そうとする男子どもを威嚇する

東秀高校・三田 浩樹

夏の甲子園ベスト8の強豪校のエース

妹・亜里沙は音美と高校の同級生

好きな男子が音美に興味を示すので、音美を敵視している

元・須見工の健丈高校・赤井 智仁

第一印象はあまり良くない

正体不明の

西村監督が夢でみた男のシルエットは…

たまに出てくる

作者っぽい人物。
そして時々、セリフにも宣伝のようなセルフが混じるときもある

読めば読むほど深みにハマる!奥が深い!

このバッテリーの成長はまだ始まったばかり

めざせ!甲子園!

甲子園という舞台は、感動を与える。
あだち充の描く作品は、コミカルであっさりにみえて、
その逆でとても熱い。
セリフのないシーンでは、特に。
どのように感じるかは、読者それぞれで違うだろう。

考えさせられる事が物語をさらに楽しく読める要素である。
特に今回は『タッチ』の世代には貴重な漫画になるであろう。

『タッチ』明青学園の伝説はここから!

電子版はこちら

電子書籍

MIX 14 冊セット最新刊まで
6,342
電子書籍 購入ページ

電子書籍

タッチ 完全復刻版 26 冊セット全巻
11,778
電子書籍 購入ページ

紙版はこちら

紙書籍

MIX ミックス (1-14巻 最新刊)
6,965
紙 全巻セット 購入ページ

紙書籍

タッチ [文庫版] (1-14巻 全巻)
8,778
紙 全巻セット 購入ページ

あだち充祭![5/7まで]

『MIX』単巻はこちら!

Back Number

クーポンコード ohgwa800
コピーしました
購入手続き時にクーポンコード入力欄へご入力ください。
クーポンをお使いになるには会員登録とログインが必要です。
新刊ピックアップ話題のキングダムを見る