女心は複雑だとよく聞きます

確かに少しややこしいかもしれません

探り合い・マウントの取り合い・言葉の装飾

主人公・大島凪は考える

空気を読んで、列はみ出さないで
女として、人として…
一体どっちのカードを出すべきか。

しかしながらこの物語を読んだ
凪と同世代スタッフ(女)は思いました

凪の彼氏(元)・我聞慎二に対して

好みハッキリ。清々しい男です。

さぞやどこもかしこも女と違い、
女々しさとは一番遠い所にいると思いきや
出るわ出るわ、女心より100倍はめ%ど■さ☆男心…

例えば凪のこんな姿

ストレートヘアが好きな慎二のために

健気さに感動すらしていたのに

どうしてこんなこと言っちゃうのでしょうね。
自分を守るためだけの、本心を覆っている
トゲトゲが一直線に凪に飛んでいく。
こら!慎二…!!!

何も言えずにいる凪に
胸がチクチクしてきます

きっとそれは、身に覚えがあるからなのでしょう。

空気を吸わずに生きてはいけない。
でも、空気を読まずに生きてもいけない。

「断捨離」「リセット」「自分探し」
なんでもいい

今とは違う、ここじゃない所へ行きたい。

こうして辿り着いた安アパート
くるくるの髪と28歳無職の夏

住人と少しずつ距離を縮める凪は
ほどなくして気づくのです。
読むことしか考えてなかった空気が、

とてもとても美味しいことに_。

そして砂時計をひっくり返したように
凪の時間が動き出します

砂はサラサラこぼれて然るべき。
このまま一直線に幸せになって!
そう願うのですが…

男と女はタイミングだとよく聞きます

変わりたい女と変わって欲しくない男

(もうほとんど呪文…。やめてー!)

前の自分には戻りたくないんだから!

不器用で不完全な凪はきっと

誰の心にもいるのかもしれません

ところで、この男

なんか嫌いになれない…どころか
だんだん応援したくなってきます(笑)

凪の無理しがちな生き方と、変わりたくて
大胆な行動を起こす突飛さが読む人の心を掴む
個性しかない住人との新たな物語は必読!

全巻セットはコチラ

電子書籍

凪のお暇 7 冊セット最新刊まで
期間限定4,0323,45614%OFF
電子書籍 購入ページ

紙書籍

凪のお暇 (1-7巻 最新刊)
5,236
紙 全巻セット 購入ページ

単巻でお探しの方はコチラ

コナリミサト作品

Back Number