魔人探偵脳噛ネウロ [文庫版] (1-12巻 全巻)

 漫画
全冊分のマンガ本用クリアカバーを無料でプレゼント。「カートに入れる」をクリックした後に選択できます。
●ポイント5% 421pt
9,262 税込
出版社 集英社
作者 松井優征
推定完読時間 6時間48分
判型 文庫版 判型とは›
最終巻発売日 2013年06月18日
カテゴリ 青年漫画 漫画
タグ 探偵 完結

作品概要

女子高生・桂木弥子の父親が、何者かに殺された。失意の弥子の前に突然現れたのは、"謎"を食べて生きる「魔界の住人」ネウロ。半ば強引にネウロのコンビにさせられた弥子は、ネウロと共に探偵になり、事件の現場で様々な謎を解決する。

追加情報

全冊分のマンガ本用クリアカバーを無料でプレゼント。「カートに入れる」をクリックした後に選択できます。
●ポイント5% 421pt
9,262 税込
ご利用可能な決済方法: Amazon Pay, Yahoo ウォレット, Paypal, クレジットカード, 銀行振込, ゆうちょ銀行振替

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

★★★★★ ■ 1
★★★★☆ ■ 1
★★★☆☆ ■ 0
★★☆☆☆ ■ 0
★☆☆☆☆ ■ 0

平均評価

★★★★★ 4.50点/レビュー数2
5

暗殺教室の作者の出世作

2020-07-02 By さん

暗殺教室でお馴染みの松井優征さんの作品。この人は緻密に練られたストーリーでいつ打ち切られても良いように構成されているそう。そのためスッキリと読めるようになっている。内容は「謎」を主食とする変異種のネウロが魔界の「謎」を全て食べ切ってしまった所から始まります。そここら人間界に降り立ち、弥子という表向きの探偵を立てながら謎を食べていくという話。途中からバトル漫画チックに変化するがそれもまた面白いので見応えがある。クセの塊のような作品だから見る人を選ぶ。クセなく読みたいならば暗殺教室を変わった作風がいいならこのネウロを読まれるといいかも

4

笑いと恐怖

2020-06-30 By さん

謎が解けたとき放出されるエネルギーを食らう魔人・ネウロが父を殺人事件で亡くした女子高生・桂木弥子を探偵に仕立て上げ様々な謎を解決していくというストーリー。
異質のバディもの、推理ものであり、視覚的な絵の面白さ(絵の構図や異常な心理や思考のデフォルメ)が光る。それだけでなく、積み上げてきたストーリーの伏線回収も見事。

表紙画像一覧

9,262 税込