結界師 (1-35巻 全巻)

 漫画
出版社 小学館
作者 田辺イエロウ
推定完読時間 12時間1分
判型 新書版 判型とは›
最終巻発売日 2011年08月18日
カテゴリ 少年漫画
タグ 30巻以上 妖怪

作品概要

400年続く妖(あやかし)退治の専門家、結界師一族の家に正統継承者として生まれた墨村良守。隣に住む雪村時音も良守と同じ結界師だが、両家は犬猿の仲。良守と時音が守っているのは妖を呼び寄せ、その力を高めてしまう烏森(からすもり)の地。2人は夜になると結界術を使い、烏森の地に建つ私立烏森学園に集まってくる妖を退治している。良守はかつて自らの失策により、時音が妖の攻撃から自分をかばい大怪我を負ってしまったことを後悔し、二度と時音や自分の周りの人々が傷つかないようにするため、強くなることを心に誓うのであった。
合計金額が3,000円以上の場合、全国送料無料で配送します。
全冊分のマンガ本用クリアカバーを無料でプレゼント。「カートに入れる」をクリックした後に選択できます。
●ポイント12% 1,673pt
15,058 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

★★★★★ ■ 0
★★★★☆ ■ 1
★★★☆☆ ■ 0
★★☆☆☆ ■ 0
★☆☆☆☆ ■ 0

平均評価

★★★★☆ 4.00点/レビュー数1
4

レビュー

2018-12-27 By さん

ファンタジー、或いはバトルを扱う長編少年漫画としては、かなりハイレベルな部類に入る作品だと思う。
なにより素晴らしいのは、これだけ長く続いても世界観やキャラクターの設定に破綻がほとんど見られない点。
「作者が描きたいものを描きたいように描けている」。
実際はどうか知りませんが、少なくとも私にはそう感じられる良作品です。

表紙画像一覧