とめはねっ!鈴里高校書道部 (1-14巻 全巻)

 漫画
出版社 小学館
作者 河合克敏
判型 B6版 判型とは›
最終巻発売日 2015年05月29日
カテゴリ 青年漫画 漫画
タグ 高校 完結

作品概要

主人公の大江縁はカナダ帰りの帰国子女。中学卒業後に帰国し、鎌倉市のはずれにある私立鈴里高校に入学するが、部員数が足りなく廃部の危機にあった書道部の先輩たちに弱みを握られ、入部させられてしまう。 入部後は書道に興味を少しずつ持ち始めた縁であったが、その矢先にクラスメイトの望月結希が投げ飛ばした男子生徒が直撃し、利き手の右腕を骨折してしまう。縁を骨折させてしまったという結希の弱みを握った先輩たちは「字が書けなくなっている縁の代わりに」という理由で、柔道部のホープであった結希も臨時部員として入部させてしまう・・・
全冊分のマンガ本用クリアカバーを無料でプレゼント。「カートに入れる」をクリックした後に選択できます。
●ポイント5% 368pt
8,104 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

★★★★★ ■ 1
★★★★☆ ■ 1
★★★☆☆ ■ 0
★★☆☆☆ ■ 0
★☆☆☆☆ ■ 0

平均評価

★★★★★ 4.50点/レビュー数2
5

書道だって熱いんです

2014-02-28 By さん

部活系漫画で一番好きなのが、とめはねっ!です。
書道部をモチーフにしているのですが、書道を全くしない私にも分かりやすく面白いから不思議です。
小学校の習字の授業を思い出して、墨の匂いがちょっと懐かしくもなります。
それにしても、書道も結構熱い部活なんですね。
文化部だからって侮るなかれです。

4

最近読んだ漫画の中でもかなりの当たりはコレ。

2018-12-26 By さん

書道という馴染みの薄い芸術に対し主人公たちと一緒にまなびつつ読み終わる頃には「良い書」がなんとなくわかるようになります。

表紙画像一覧