今際の国のアリス (1-18巻 全巻)

 漫画
出版社 小学館
作者 麻生羽呂
判型 新書版 判型とは›
最終巻発売日 2016年04月18日
カテゴリ 少年漫画 漫画
タグ 完結

作品概要

理不尽な「げぇむ」を生き延びろ!
やりきれない日常に苛立つ高校生・有栖(アリス)良平が悪友の苅部(カルベ)や張太(チョータ)とブラつく夜、街は突然巨大な花火に包まれ、気づけば周囲の人気は消えていた。
夜、ふらりと入った神社で告げられる「げぇむ」の始まり。一歩誤れば命が奪われる理不尽な難題の数々を前に、アリスの眠っていた能力が目覚め始める…
「呪法解禁!!ハイド&クローサー」の麻生羽呂が全くスタイルを変えて挑む戦慄のサバイバル・サスペンス、開幕!
全冊分のマンガ本用クリアカバーを無料でプレゼント。「カートに入れる」をクリックした後に選択できます。
●ポイント5% 382pt
8,406 税込
申し訳ございません。
只今品切れ中です。

買うほどお得! ポイント最大15%
ブックカバー・グッズ収納ケース 購入はこちら

作品レビュー

★★★★★ ■ 0
★★★★☆ ■ 2
★★★☆☆ ■ 0
★★☆☆☆ ■ 0
★☆☆☆☆ ■ 0

平均評価

★★★★☆ 4.00点/レビュー数2
4

ドキドキハラハラ

2018-12-27 By さん

様々なジャンルのゲームを、頭脳を駆使して攻略していくのが、この漫画の面白いところ。
また頭脳戦も難しすぎず、ちょうどいいレベルなので非常に取っ付きやすい心理戦漫画となっています。頭の弱い僕でも読みやすかった。

4

デスゲームものの中でも隠れた名作

2014-12-08 By さん

あまり知られてはいませんが、この作品はどのデス・ゲームものの漫画よりも泣けます。
謎が多い世界に迷い込んだ主人公たちは生きるためにゲームを繰り返していかなければならない。このコンセプトはありきたりのようではありますが、登場人物たちが一癖も二癖もあり、またそれぞれにとても切ないエピソードがあります。とくに3巻の、極限の現状のなか、主人公たちがとった行動と、首謀者の思惑が見事に絡みあったシーンは鳥肌が立ちました。

表紙画像一覧