世の中には2種類の人間がいるという

プロか、プロじゃないか

そしてこの男は確実に

“殺しの天才”
スペック:「相手を6秒以内で倒す」殺人能力

世の中の仕事には全て
イメージというものが付いて回るが
大抵の場合それは一人歩きするもの

次のミッションはなんと

「一般人として生きること」
“絶対に殺してはいけない”
それが今回の任務

殺し屋だって、元一般人

この世からたやすく人を消す才能がたまたまあっただけなのか
それとも生業にするほどの決め手があったのか

もしかしたら、とてつもない孤独とずっと戦ってるのかもしれない

でも、そんな風に闇社会に寄り添うべきではない

なぜならシリアスを打ち砕く男だから

イメージ先行型業界の裏側…?

(殺し屋って笑うのね…)

こうして「一般人・佐藤」になったファブルと
同じくフツーの女子になった「妹・ヨウコ」
彼女の存在にも目が離せない

スペック:持ち前の美貌で男を転がし倒す

常に職業病発症ギリギリ一歩手前

殺し屋休業に立ちはだかる壁は高い
“佐藤”兄妹の運命やいかに!

最後に、大事なことを一つ

緊張感は続きません
(否、続けさせてくれない)

絶対に殺してはいけない殺し屋!『ザ・ファブル』

2019年実写化映画
主演:岡田准一
木村文乃・福士蒼汰・宮川大輔 他
原作と併せて是非お楽しみください!

全巻セットはコチラ

電子書籍

ザ・ファブル 21 冊セット最新刊まで
13,893
電子書籍 購入ページ

紙書籍

ザ・ファブル (1-21巻 最新刊)
13,778
紙 全巻セット 購入ページ

単巻でお探しの方はコチラ

南勝久作品

Back Number